腸の元気は毎日の元気!乳酸菌

死菌

乳酸菌生成エキス(死菌)  

  • 胃酸にも負けず腸に達して腸内の善玉菌を増加、腸内発ガン物質の発生を抑える!

約120兆個の腸内細菌に悪玉菌が増えれば                      腸内は腐敗して悪臭を放つ!  

人の腸には約120兆個、重さにして約1kgもの腸内細菌がすんでいる。常に栄養が供給され、水分も十分にあって、温度が36〜37度に保たれる環境とあれば、細菌ならずとも極めて住み易い環境といえる。腸内細菌は、こうした環境の中で、どんどん増殖し、そしてまた死んでいく。便はそのすべてが食べ物のカスだと思われがちだが、その約半分はこうした腸内細菌(死骸も含む)である。腸内細菌は、大きく善玉菌と悪玉菌に分けられる。
これは文字通り、善玉菌は身体に良い作用をもたらし、悪玉菌は悪いハタラキをする。
例えば、ゆでた大豆をワラに包んでおくと納豆になるが、皿に入れて放置しておけば腐ってしまう。ゆでた大豆が納豆になるには、ワラについていた納豆菌が繁殖したからで、あの特有のネバネバは納豆菌の分泌物である。
一方、空気中の腐敗菌が繁殖するとゆでた大豆は腐りだし、臭い物質を分泌する。ここでは、納豆菌が善玉菌で、腐敗菌が悪玉菌というわけだ、これと同様のことが腸内でも行われている。
腸内の約120兆個の細菌が善玉と悪玉が分かれ、激しいテリトリー争いを繰り広げている。当然、悪玉菌の比率が増えれば腸内は腐敗し、悪臭を放つようになる。便やオナラの臭いが強いのは、こうした悪玉菌が腸内で善玉菌の勢力をしのいでしまったからだし、腐敗したものを食べて下痢をするのも、この悪玉菌が分泌する毒素のためである。

 生きた乳酸菌!その弱点を克服し理想的な腸内環境にするには!?  

こうして悪玉菌に占領された腸内を健康な状態に戻すには、善玉菌を取り入れてやる必要がある。善玉菌としては乳酸菌、酵母菌などが一般的に知られるが、なかでももっとも代表的なのが乳酸菌だ。母乳を飲んでいる赤ちゃんを考えてみよう。この赤ちゃんの便は酸っぱい臭いがする。これは赤ちゃんの腸内が乳酸菌で満ちている証拠だ。誰しも最初は、腸内乳酸菌が100%の状態であった。ところが食生活の乱れ、肉食の過多、食品添加物、薬品類の服用、ストレスといったさまざまな要因によって大腸菌なども増え、腸内の乳酸菌がどうしても減少気味になってしまうものだ。するとどうなるか。腸は栄養を吸収するところ。腸内に悪玉菌が多ければ、その毒素もいっしょに吸収されてしまう。
そうして吸収された毒素は、血液によって全身を巡ることになる。それによって、便秘、アトピー、アレルギーなど様々な病気を引き起こしている。これをコントロールできるのはヨーグルトや乳酸菌飲料だが、これらの生きた乳酸菌にはウィークポイントもあって、口から入った乳酸菌のすべてが必ずしも腸までたどり着き、町内で増殖できるわけではない。
多くは摂取後に胃酸で殺されるだろうし、自然の環境下で育ったヨーグルトの乳酸菌は、空気のない腸内では長く生きられない。また、血液型のように体との適合性があり、体に合った乳酸菌しか腸内には棲みつけない。

 乳酸菌の分泌物や菌体成分(死菌)を抽出した                                             『智通』で腸内環境を整える。  

乳酸菌生産物質。これが腸内の乳酸菌を内部から増やすことのできるエキスで、酸菌そのものではなく、乳酸菌の分泌物や菌体物質(糖鎖)を抽出したものだ。
厳選された16種類の乳酸菌を共生培養させる特殊な製造法でつくられ、胃酸や胆汁と接触しても死滅せず、腸内まで到達することができる。
熱にも強く、腸内に定住する乳酸菌のところまで、確実に到達して細胞分裂しやすい腸内環境をつくって常在乳酸菌を増やしていく。
もちろん有効物質も血液やリンパ液を介して全身に運ばれることになる。こうした乳酸菌生産物質は、便秘、アトピー、アレルギー、がんなど多くの疾患に効果的であることが研究報告から明らかになっている。
そのためいくつもの商品が開発されているが、中でも注目したいのが『智通』(ちつう = 東京千代田区・(株)ビーアンドエスコーポレーション)という商品だ。大正3年(1914年)日本発の国産ヨーグルトを製造、販売した会社としても著名である。
『智通』の大きな特徴は、16種類の厳選した乳酸菌を、無農薬大豆を中心とした植物性タンパク質のなかで育て、それを1年間熟成させる点にある。
特にこの16種類の乳酸菌は同社が大正時代から保有している百種類のも乳酸菌のなかから選び抜いた精鋭の菌だという。同社で乳酸菌生産物質を特に『乳酸菌生成エキス』と呼んでいるが、この乳酸菌生成エキスについては、その抗腫瘍効果や腸内環境改善効果、免疫賦活効果などに関して、大腸がん誘発関連酵素活性の抑制やNK細胞の活性化などといった具体的な研究による実証結果が九州大学、東京農業大学などの学術論文上に確かなデータとして発表されている。
釈迦の涅槃(ねはん)経の軽文中に、なんと乳酸菌生成エキスの培養法が記載されているという。その方法とは、『醍醐(だいご)』。
もちろん、『醍醐味』の語源ともなった言葉だが、涅槃経では乳製品が成熟するとこの上ない美味の醍醐となり、それは万病を治癒する効果があると述べている。無論、科学的解明などなされていないものの、釈迦の時代から乳酸菌生成エキスの効能は実証されていたのだろう。
今、私たちは幸いな事にそうした英和を、手軽に健康食品で手に入れる事ができるのだ。





          《がん治療最前線6月号別冊 『花かすみとけい』より抜粋》

powered by 光速通信 3.39
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional